■旅行・地域

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■7月末に台湾、9月にタイに行きます

今年は2月に台湾に行って以来どこにも行っていない。
5月末にタイに行こうと思いチケットも買ったのだが、タイで戒厳令がしかれクーデターが起きたため、大事をとって直前でキャンセル。

しかしここに来て航空券の余りの安さに台湾、タイへの旅行を決定。
まず台湾は7月29日から8月1日まで。3泊4日限定のチケットとはいえこの時期では考えられないくらい格安。実はこの時期は台風が来ることが多いので台湾に行くのは避けていたのだが、それを上回るくらい魅力的な価格なのでつい渡航を決めてしまった。あとは台風が来ないことを祈るばかり。
今回は3泊4日と期間も短いので行けるのは台北と近郊ぐらいか。

続いてタイ。9月3日から9日までの6泊7日。実はこちらのほうを先に決めた。
AirAsiaが日本のLCC市場に再参入して9月から東京、大阪とバンコク間の直行便をとばすことにしたのを記念したキャンペーン価格。
また、成田からバンコク(ドン・ムアン空港)だけでなく、チェンマイ、チェンライ、ハートヤイ便などもできていた。
というわけで今回はバンコクを素通りして成田からチェンマイの航空券を予約。
今回のキャンペーン価格は7月13日まで。通常価格はもっと高くなるのだろうが、今回のキャンペーン価格くらい安ければ毎月でも行きたいくらい。

スポンサーサイト

■タイから戻りました

本日、タイから戻りました。
いやぁ、今回はいつになく失敗の連続。
とりたてて不愉快な目にあったとかいうことはなく、旅行は無事できたのですが、予定していたことがことごとく失敗。ちゃんと予定どおり実行できたのは、G-Diary編集部を訪問したことぐらいか。
いちばん痛かったのが、MBKでのムエタイ観戦ができなかったこと。
5月と6月にタイに行ったときに、MBKで毎週水曜の夜にムエタイをやっていることを知り、今回はそれを見るためにわざわざ水曜の夜にバンコクにいられるように予定を組んだのに、実はMBKでのムエタイは雨季の間中止になっていたというオチ。たしかに考えてみればこの時期の夜の屋外イベントは無理がある。このことは、ムエタイに行こうと思った前日にネットで調べてわかったのだが、こんなこと、旅行に行く前、というか旅行のスケジュールを組む前に簡単にわかったはず。情けない。下調べが全然できていない。
ちなみに、MBKでのムエタイは、10月7日から再開(毎週水曜17時30分~21時)。現状では12月30日までは開催が決定しているとのこと。これは早々にリベンジを図らねば。

そのほか、前回行ったチェンマイの美少女カフェでは、今回行ったら美少女がいなくなっているし、チェンマイのムエタイでは事前にもらったチラシでは女子ムエタイの試合も組まれていたのにいざ行ってみたら女子の試合がなかったり、ジージャーの主演映画第2作を観ようと思っていたのにもう上映が終わっていて観られなかったり……。

■今度はタイだ

このところ毎月のように海外に行っているが、8月は1回休み。そして9月4日から10日まで、今度はタイに行ってくる。
今回は今のところ、コンサートや同人/コスプレイベントのようなイベントはなし。おなじみバンコクとチェンマイをまわってくる。
バンコク・チェンマイ間は、初めてOne-Two-Goを使う予定。

■ハイレベル! 台湾のアニメ声優

7月27日(月)

今日は台北近郊の海辺の街、淡水へ。
夕景がきれいとのことだが、ここ数日の天気、そしてこの日の天気予報を見てもとても夕方になって晴れるとは思えないので、午前中で出かけることにした。
台北近郊とはいっても、台北からMRTで一本なので行くのは楽だ。

海岸まで出たところ、店があまり開いてない。見ると午後3時オープンという店が多い。やはり夕方くらいからがメインなのだろう。
しかし、昼間の海岸もなかなか気持ちいい。

あとは、鬍鬚張で魯肉飯を食べ、雪片冰発祥の店、士林の辛發亭で雪片冰を食べたりして過ごす。

7月28日(火)

早くも帰国の日。バスで空港に行くとき、うっかりターミナル1とターミナル2を間違えてしまうという初歩的なミス。このバス、何度も利用していて、空港に行くときはまずターミナル1に行き、そのあとターミナル2に行くというのはよく分かっていたはずなのに。というか運転手さんも「ターミナル1!」と大声で言っていたのだが…。
しかし、出発の2時間半前に空港に着くよう余裕をもっていたので、とくに問題もなく30分ほどでターミナル1へ。出国手続き後は、PriorityPassを使ってラウンジで過ごす。日本やタイのラウンジとくらべ、台湾の空港のラウンジがダントツでいい。

もう何度も台湾に行っているのだが、行くたびに新しい発見がある。
今回、思ったのは、台湾の声優のレベルが高い! ということ。
たまたまテレビで劇場アニメ「ドラえもん のび太とロボット王国」をやっていたので見たのだが、中国語に吹き替えている声優さんの声質がオリジナルそっくり! ドラえもんはじめ、のび太、ジャイアンなどどのキャラクターも、何気なく見ていたらオリジナルの声優さんが中国語を話しているのかと錯覚するぐらい声質が似ていた。
「ドラえもん のび太とロボット王国」のオリジナル声優は大山のぶ代など旧メンバーだが、今の日本のメンバーより、台湾の声優のほうが旧メンバーの声に近いのではないだろうか。

しかもこれ、「ドラえもん」に限ったことではない。台湾では日本のアニメが各チャンネルで盛んに放送されているのだが、たまたま見た中で言うと、「こち亀」の両さん、「おねがいマイメロディ」のマイメロディなど、どれもまったく違和感がない。
台湾の声優さんのレベル、そうとう高いのは間違いない。


■Fancy Frontier 14

7月25日(土)

今日と明日は、今回の旅行のメイン、台湾の同人イベントFancy Frontier 14への参加。
会場はおなじみの台湾大学の体育館。
本来は事前にパンフを買っておくべきところなのだが、買い損なったので体育館の裏側のパンフ売り場で購入。その後、長~い行列の最後尾を求めて延々と歩いたのだが、これが行けども行けどもたどりつかない。前回来たときも並んだ記憶はあるがこんなに長くはなかったはず…。
体育館から10分ほど歩いてようやく最後尾へ。このときすでに会場時間は過ぎており、列はどんどん進んでいる。時間的には30分ちょっとで入場できたので、それほど長くはなかったのだが、並んでいる間もかなりの蒸し暑さでやや体力消耗。

入ったあとも中はギュウギュウ詰め。満員電車並みのところもあってちょっとめげてきたが、とりあえず比較的すいているところから見ていくことにする。
この日は、1階と3階の両方が会場になっていたのだが、女性向けが多い3階はパスし、1階のみ集中して見ていき、絵のよさげなものをピックアップして買っていく。
昼、CafeCosicの弁当を買って食べたあと、また同人誌を買い、そのあと外に出てコスプレ撮影を少々。

帰りに台北地下街に新しくできたメイド喫茶「Cafe Diner」に寄り、ホテルに戻ろうとして地上に上がったらものすごい豪雨。ホテルまで徒歩5分ほどだがとても耐えられない。しょうがないのでまた引き返し、地下街を通って駅の反対側まで行き、三越や統一元気館で1時間ほど過ごす。

7月26日(日)

この日もFancy Frontier 14。やはり昨日と同じく開場時間の10時半をちょっと過ぎたくらいに着いたのだが、今日はまったく行列ができていずスムーズに入れた。この日は3階のみ。
昨日よりは時間をかけてじっくり見てまわれた。
またCafe Cosicの弁当を食べ、コスプレ撮影をして終了。

ホテルに戻って休んだあと、出かけようとしたらまたまた雨が降り出してきた。うーむ、この時期の台湾は、毎日昼過ぎから雨が降るようだ。観光には向いてない。
ホテルのすぐ近くにある漫画喫茶「漫画王24H」に入って時間をつぶす。

Ff1

Ff2

Ff3


検索フォーム

プロフィール

moeruasia

Author:moeruasia
アジアの萌えとおたく情報を追いかけています。
「全アジア メイド喫茶カタログ」「萌えるタイ読本」などの同人誌をつくっています。

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。