■2009年09月

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■島田荘司推理小説賞入選作品

先日、ネットで注文していたミステリー3冊、「虚偽街頭漂流記」「冰鏡荘殺人事件」「快逓幸福不是我的工作」が届いた。どれも第1回島田荘司推理小説賞入選作品。って、そんな賞あったっけ?と思う人も多いかと思うが、これは日本でなく台湾で実施されたもの。
台湾では、日本のミステリーの大半、といってもいいぐらい多数の作品が翻訳出版されている。
翻訳ものに比べ、オリジナルの作品は数少なかったのだが、それでもここ数年で台湾オリジナル作品のレベルもぐっと向上したのだとか。
今回受賞した3作品についても、新人というわけではなくすでに何冊か作品を出版している。

さて問題は、中国語で書かれたこれらの作品をちゃんと読めるかだが、先日、ライトノベルはなんとか読み終えることができたので、内容がおもしろく、興味を持続するだけの力があればなんとかいけるか。

Shimada

スポンサーサイト

検索フォーム

プロフィール

moeruasia

Author:moeruasia
アジアの萌えとおたく情報を追いかけています。
「全アジア メイド喫茶カタログ」「萌えるタイ読本」などの同人誌をつくっています。

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。