■2012年06月

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■香港映画「夢遊 SLEEPWALKER」

今日はオキサイド・パン監督の「夢遊 SLEEPWALKER」を台湾版DVDで鑑賞。
主演は同監督の「THE EYE」「死界」などでも主演をつとめたアンジェリカ・リー(李心潔)。
縫製工場を営んでいる紫怡(アンジェリカ・リー)は、数年前誘拐事件で娘を失っている。彼女は毎晩、同じ夢を見る。そこは荒地で地面に穴を掘って何かを埋めている。朝起きてみると手に泥がついていたり、夜中に出歩いていて警官から注意を受けることも。夢遊病? ベッドの周りに粉をまいて寝てみると、翌朝には粉の上に足跡が。
一方、姉の息子の誘拐事件を追う女警官は紫怡に疑いをいだく。自分が殺人犯なのではと思いはじめる紫怡……。
というわけで、自分自身が信じられなくなるというのは怖いですね。しかし実は結末部分よくわからなかった。中国語の読解力不足か? あとでもう一度観てみよう。

ちなみにこの作品、昨年の東京国際映画祭・コンペティション部門で上映され、監督や出演俳優たちも来日していたようです。また、オキサイド・パン監督とアンジェリカ・リーは2年前に結婚していて、これが結婚後初の作品となったようです。
これ、日本語版DVDは出る予定ないのかな?

夢遊s
スポンサーサイト

検索フォーム

プロフィール

moeruasia

Author:moeruasia
アジアの萌えとおたく情報を追いかけています。
「全アジア メイド喫茶カタログ」「萌えるタイ読本」などの同人誌をつくっています。

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。