■2015年08月

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■我闘雲舞 タイフェスティバルIN市ヶ谷

昨日8月10日は、ひさびさに女子プロレス観戦。我闘雲舞を観に市ヶ谷チョコレート広場まで行ってきた。
今回はいつもと違い、我闘雲舞タイのメンバーだけによる純粋興行。
タイで行われている試合にできるだけ近づけようということで、実況アナウンサー、レフェリーもみなタイ人がつとめていた。

参加レスラーは総勢10人(うち2人は女子)。我闘雲舞設立から約3年、よくここまできたなぁ。

我闘雲舞はもともと、さくらえみがタイに女子プロレス団体を旗揚げしようとして起こした団体。
しかし設立からしばらくはタイに長期滞在して選手たちを指導していたさくらえみだが、その後活動の中心を日本に戻してしまいタイにはたまに訪れる程度。残されたメンバーたちはどうなることかと思っていたが、今ではタイでも月に1回程度大会が開催され、ときにはシンガポールにも遠征したりと立派に活動している。

とくに印象に残ったのがパクサーという選手。くりくり坊主で熱血野球少年のような顔立ち。ムエタイ出身ということで強烈な蹴りが印象に残った。
もう一人、気になる存在が唯一のマスクマン ガトーマスク。実況&前説をつとめたプミによると本業は漫画家とのこと。キャラの立った選手が増えてきている。

タイ人レスラーたちは8月13日の我闘雲舞後楽園ホール大会にも出場予定。こちらも観に行きます。

gatohmove-DSC01337.jpg  gatohmove-DSC01373.jpg  gatohmove-DSC01389.jpg  gatohmove-DSC01411.jpg
スポンサーサイト

検索フォーム

プロフィール

moeruasia

Author:moeruasia
アジアの萌えとおたく情報を追いかけています。
「全アジア メイド喫茶カタログ」「萌えるタイ読本」などの同人誌をつくっています。

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。