■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■タイ映画「BODY」(鬼肢解)

このところ、続けてタイのホラー映画を観ているが、勢いに乗って、数年前に買ったまま放置していたDVD「BODY」(鬼肢解)を鑑賞。こちらも台湾版DVD。
今ふうのイケメン大学生チョンが、夜な夜な悪夢に悩まされる。それは男性が女性の死体を切り刻んでいるシーン。起きているときも幻覚に悩まされ調理中に指をケガしてしまう。医師からは精神科医を紹介される。チョンがその精神科医と話をしているときに浮かんだ女性は実在していた。徐々に明らかになる悪夢の真相…。
というわけで、このチョンが過去に起こった殺人事件の真相を解明するのか、典型的なホラーだなと思いつつ観ていたら、終盤に至ってあっと驚く展開が。うわぁ、ホラーと思っていたらミステリーだった。しかもさらにもう一段階、意外な真実が明かされる。
これはやられたなぁ。真相がわかってからストーリーを思い返すといちいち腑に落ちる。よく練られたプロットだ。
観終わったらすぐ頭からもう一度観たくなる作品。これまで私が観たタイ映画の中でも5本の指に入る素晴らしい出来。
ホラー的に言っても、チョンの幻覚に出てくる全裸で腹を切り裂かれた女性とか、胎児がスープの中でうごめいているとか、かなりのショッキングイメージ。映像センス抜群。
ちなみに、製作は2007年。これはぜひ日本でもDVD化してほしい。

スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

検索フォーム

プロフィール

moeruasia

Author:moeruasia
アジアの萌えとおたく情報を追いかけています。
「全アジア メイド喫茶カタログ」「萌えるタイ読本」などの同人誌をつくっています。

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。