■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■タイ映画「LADDA LAND」(陰地)

タイ映画「LADDA LAND」を台湾版DVDで鑑賞。中国語題名は「陰地」。
パッケージのあおりによると、タイ映画史上最もヒットしたホラー作品。
30年前にタイで実際にあった事件をもとにしているとのこと。

チェンマイ郊外のラッダ村に引っ越してきた一家。瀟洒な新築の一軒家。父親ティーはうれしそうに子供部屋の壁を飾り、家族を空港に迎えに行く。
父親と娘のナンとの関係こそぎこちない(ナンは父親の実子ではない)が、タイ中産階級の平和な家庭がついにマイホームをもったという幸福感が伝わってくる。
ところがこの村のある家で惨殺事件が起こったあたりから不穏な空気が流れ始める。
夜中に友達と一緒にこの家に探検しにいったナンはそこで幽霊を目撃するが、それを話しても父親は信じてくれない。
悪いことは重なるもので、ティーの勤めていた会社が突然閉鎖。ティーは失職し家族に黙ってコンビニでバイト。
そんな中、ティーの隣家の家族全員惨殺される事件が発生……。
と、村全体にじわじわと不安が広がる恐怖感、そしてその中で家族の関係が壊れていく様子が丹念に描かれいる。
とくに父親、母親、娘、息子の4人ともまさにハマリ役というべき好演。
とりたててショッキングな描写はないが、恐怖感はこれまで観たタイのホラー映画の中でも随一!

スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

検索フォーム

プロフィール

moeruasia

Author:moeruasia
アジアの萌えとおたく情報を追いかけています。
「全アジア メイド喫茶カタログ」「萌えるタイ読本」などの同人誌をつくっています。

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。