■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■「ぼくは漫画大王」

第3回島田荘司推理小説賞受賞作「ぼくは漫画大王」(著者・胡傑、翻訳・稲村文吾、原書名「我是漫畫大王」)がやっと翻訳出版された。原書が台湾で出版されたのが2013年9月だからもう3年近く前。もう翻訳出版されないのかと半ば諦めかけていたのだが、昨年、文藝春秋がクラウドファンディングを募り、翻訳出版にこぎつけた。
とはいえ、この島田荘司推理小説賞、受賞作は日本では文藝春秋から刊行されるというのがもともとの規定にあったはず。実際、第1回、第2回の受賞作品は台湾での刊行からほどなく文藝春秋から刊行されている。本来ならクラウドファンディングに頼らずともちゃんと刊行する義務があったと思うのだが。

さて内容だが、いきなり第十二章から始まるトリッキーな構成。.ある家で中年男性がナイフで刺し殺されているのが発見され、その家の中では子供が鍵のかかった部屋に閉じ込められていた。
このあと話は改めて第1章から始まり、奇数章では健ちゃんと呼ばれる子供の視点で、偶数章では方志宏という中年男性の視点で物語が進んでいく。健ちゃんは「週刊漫画大王」という漫画雑誌に出会って以来、漫画に夢中になり、いつしか漫画大王と呼ばれるようになるのだが、これが悲劇にもととなる。

(以下ややネタバレになるのでこれから本書を読む予定の人は読みとばしてください)





という叙述トリックの匂いがぷんぷん臭う構成で、実際予想の斜め上をいく、かなり無理のある仕掛けがあって楽しめる。

……のだが、ここで本書にはひとつ問題点がある。帯の表4側に書いてある内容紹介が明らかに間違っている。「ミステリーは第十二章から始まる。家出していた妻が自宅に戻ると、夫が殺され息子の健ちゃんは密室に閉じ込められていた……。」
いやいやいや、息子は健ちゃんじゃないし。たしかに本文でも読者の誤導を誘い、息子が健ちゃんであるかのような書き方をしているが、そこはフェアに方少年としか書いていない。「息子の健ちゃん」などと書いたら明らかに嘘になる。
帯の内容紹介文は著者や翻訳者は感知せず、編集者が書いていると思うのだが、この作品の肝になるところでこのミスは痛い。

■チェンマイに行ってきました

5月26日から31日までチェンマイに行ってきた。
航空券をとったときは、単に値段が安かったので予約しただけで、とくにこれといった目的はなかったのだが、その後偶然にもちょうどチェンマイに行っている期間中にイングレスのイベントAegis Novaが開催されることに。

私も以前東京で行なわれたイングレスイベントDarsanaに参加したことはあったのだが、海外のイベントに参加するのは初めて。しかし、チェンマイでイングレスイベントやって人は集まるのか? 地元でイングレスやっている人はごく少なそうだし、海外から参加するにしても、日本からだったら同日開催される台南のほうに行くだろうし。

などと思いつつ、サイトからサポーターキットを購入し当日に備えていたのだが、開催日が近づいてもなかなかレジストレーション&サポーターキット受け取り場所が公表されない。結局判明したのが開催日前日の27日というマイペンライぶり。
28日の午前中、無事レジストレーションできてサポーターキットを受け取れたときは、もうこれだけで任務完了したような気分になっていた。

1時からのゲーム本番だが、これが驚くほどの暑さ。私もチェンマイには何度も来ているのだが、この日のように歩いているだけで汗がしたたり落ちてくるのは初めて。
というわけで、あまり真面目にポータル攻略しませんでした。すみません。
ちなみにイベント前日からチェンマイ全土が緑に覆われていて、最初からエンライテンドの勝利ほぼ確定という状況だった。

参加者はやはり小規模だったようで、ひとつの対象ポータルに3、4人から10人程度が張り付いている感じ。これなら知らない人が見てもあまり違和感は感じないだろう。

■明日から台湾

明日22日から25日まで台湾に行ってくる。
今回は比較的短期な上、滞在も台北のみ。
23日に新竹に行って新竹女中の園遊会を見学する予定。

■「ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE」

今やテレビ東京の看板番組となった「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」。太川陽介、蛭子能収とゲストの女優が、路線バスだけを使って決められたゴールをめざすというこの番組、私も放送があれば必ず観ているが、まさかこれが映画になるとは。
テレビドラマの映画化は珍しくないが、バラエティ番組を映画化とは珍しい。というか今までにそんな例あったか?
ふつうだったら映画館で観るのはスルーして、DVDになったらレンタルで観るところだが、今回の路線バスの旅の舞台は台湾。これは観ずにはいられない!というわけで公開3日めにして劇場に行ってきた。

映画になったからといって特別なことはなく、ルールはいつもどおり。すなわち、乗れるのは路線バスのみ、高速道路を通るバスは使用不可、バスがない場合は徒歩、ケータイやスマホなどで情報を調べるのは禁止、期限は3泊4日、というもの。
今回は出発地点の台北から台湾の最南端の鵝鑾鼻(ガランピ)灯台をめざすという条件。
これに太川、蛭子、そして今回のマドンナ三船美佳が挑む。

ただでさえ厳しい条件なのに今回は言葉の壁がある。通訳もついているとはいえ、細かいニュアンスなどは伝わらないようで、いつも以上の苦労が見れた。
また、台湾ではバス内は飲食禁止というのも日本とは違ったところ。レギュラー回ではいつもやっているバス内でモノを食べてつなぐという行動がとれないというのもハンデ。

しかし台湾のバス乗務員や事務所のスタッフ、さらに一般の人にも助けられて乗り換え自体はかなりスムーズ。蛭子さんの顔も台湾でも知られていたり、何人も日本語を話せる人が登場したりと、土地の人とのふれあいはいつも以上。

スタートの台北をはじめ、新竹、台中、台南、高雄と行ったことのある場所が出てくるのもうれしいところ。レギュラー放送を観ていても行ったことのある土地が出てくることはめったにないので、むしろ今回のほうが観ていて親しみがわいた。
さらにローカル路線バスの旅だけあって、三峡、西螺、苗栗、員林など、普通ならまずとりあげられることのない地方都市が観られるのも魅力。

移動の最中に運の悪いことに(映画的には盛り上がったが)台風が接近してきて、あわや……という場面もあり、基本的にレギュラー回と同じ構成ながらかなりおもしろく観れた。ひさびさに蛭子さんの毒舌も聞けたし、これなら1800円の価値ありだ。

ちなみに新宿ピカデリーで昼の回を観たが、観客は3分程度の入り。年齢層がかなり高く平均60代くらいだった印象。

■タイに行っていました

1月14日から19日までタイに行っていた。
今回は、チェンマイからバンコクまで寝台列車に乗るのがメインの目的。前回タイに行ったときも寝台列車に乗ろうと思ったのだが、タイに着いてからチケットを買おうと思った所満席で入手できずじまい。しかし今回は、タイ国鉄のチケットを予約できる 12go.asia というサイトをみつけ、無事事前にチケットゲット。しかも個室寝台。
バンコクからチェンマイまでは飛行機で行き、帰りの17日18:00からチェンマイ発バンコク行きの寝台列車に乗り込んだ。
列車の中に入って初めて気づいたのだが、個室寝台とはいえ1人部屋ではあく2人部屋だった。これは気づかなかったー。部屋に入ってしばらくすると、一人の若者が入ってきた。メーホンソンまでバイクでツーリングしてきたというタイの若者だった。
感じのいい人なのでまだ助かったが、バンコクまで一緒なのはちょっと……と思ったところ、彼は深夜12時半ころ下車。そのあとは一人で個室を独占。

しかし、いざ寝台列車のベッドで寝ようとすると、全然眠れない。うとうとしたところで上下に大きな振動があり、目がさめてしまうのだ。下段のベッドだと車輪からの振動がダイレクトに伝わってくる~。
後になって上段のベッドに寝てみたところ、下段ほどではなかったが、やはり振動はかなり伝わってくる。これでぐっすり眠るのは無理だろう。

朝5時40分ころ車掌が来て、ベッドを片付け通常の椅子仕様に戻す。なんと遅延せず定刻どおり朝6時50分にバンコク着予定のようだ。えー、そんなこともあるんだ。てっきり2時間くらいは遅れるものだと思っていたが。

検索フォーム

プロフィール

moeruasia

Author:moeruasia
アジアの萌えとおたく情報を追いかけています。
「全アジア メイド喫茶カタログ」「萌えるタイ読本」などの同人誌をつくっています。

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。